そこが知りたいキャッシング審査!:即日審査で収入証明不要なキャッシング


キャッシングとは英語で現金を意味する言葉ですが、日本では主に個人がお金を借りることができるサービスを指しています。

例えば銀行のカードローンなどもキャッシングといえ、個人向けローンが登場した80年代にはキャッシングという名称を盛んに使っていました。

しかし、現在では一般的には消費者金融が提供しているものがキャッシングというイメージになっていますし、またクレジットカードのお金を借りるサービスもキャッシングといいます。

その仕組みとしては、キャッシング審査を行って、十分に返済可能な信用力があるかどうかを調べて、信用力に応じて融資限度額を設定するというものです。

カードローンとクレジットカードとは

以前は銀行のカードローンなどは、高い信用力が必要とされてきました。クレジットカードもかつては加入審査が厳しいものでした。

しかし現在では雇用の多様化などにより銀行カードローンでもクレジットカードでも低い信用力でも加入することが可能になっています。

消費者金融とは

一方で消費者金融はもともと低い信用力の人を相手としていましたが、一定の信用力の実績を積み重ねることで低い金利となるものもありますし、消費者金融の中にはプレミアムを付けたものもあります。

いずれにしても信用力は審査に大きく影響し、また同時に金利と融資限度額に左右されることになります。 このため現代においては、銀行、クレジットカード、消費者金融であっても商品の内容によって金利が変わってくるためサービス選びが重要といえます。

キャッシングの審査について

キャッシング審査を即日審査してくれるところとしては、消費者金融で大手であれば即日審査即日融資に対応しているところがほとんどです。

一方で銀行は時間が掛かるというイメージがありますが、即日審査を売りにしているところもあって、それらのサービスでは審査は早くなっています。

ただ即日審査と即日融資を受けたい場合には限度額を低めに設定するのがポイントです。

消費者金融は貸金業者であり、貸金業法の規制を受けています。

規制としては年収の3分の1までしかお金を借りることができず、また単独の場合には50万円以上、複数の会社から100万円以上を借りている場合には収入証明が必要になります。

このため、消費者金融で即日融資を受けようとした場合には収入証明不要の50万円以下が中心になります。 一方で銀行は貸金業法のような規制はなく銀行の裁量に任されています。

このため多くのカードローンでは収入証明不要は200万円以下となっています。ただ、金利が有利な商品では初めから収入証明が必要なケースもあります。

金利について

金利に関しては銀行も消費者金融も利息制限法に則って設定されます。

利息制限法では10万円以下が年20%、10万円以上100万円以下が年18%、100万円以上が年15%となっています。

一般的なキャッシングやカードローンでは50万円前後が上限とされていますので、信用力の低い人の場合には18%からスタートするのが一般的です。

ただ利用し続けることで、信用力を積み重ねることになり、滞納などを起こさなければ金利の引き下げを受けることも可能です。この場合には低い信用力の人でも年10%程度まで下げることができます。

キャッシングの審査:まとめ

これらを踏まえると即日審査で収入証明不要なキャッシングの条件としては、借り入れを希望する金額が50万円以下であり、かつ収入に対して十分な返済能力があることがポイントになります。

消費者金融の場合には借り入れ条件として安定した収入があることでアルバイトやパートでも行っていれば安定した収入と見做されます。

ただ規制によってまったく収入のない人は消費者金融を利用することはできません。

専業主婦などまったく収入がない人が利用できるキャッシングとしては、一部の大手都市銀行が提供しているカードローンになりますが、これらでは借りられるお金は50万円以下と厳しく制限されており、多くは30万円程度で年18%の金利が固定であるケースがほとんどです。

ちなみにキャッシング審査で見られるものとしては、年齢、信用情報、職業や収入などです。 年齢は20才以上の成人を対象としていますが、これは未成年が民法で保護されているためです。

また上限は消費者金融では70才までですが銀行では65才まで、またプレミアムの付いているものでは60才までとなっており、年齢が合致しないといくら収入があっても利用することはできません。

またもっとも重要視されるのが信用情報で、過去にトラブルを起こしていると、かなりのマイナスに評価され現時点でいくら借り入れ条件が十分満たされているといった場合でも審査に落ちることがあります。

なお、収入が高ければ利用できるかというとそうではなく、重視されるのは安定した雇用であることです。このため毎年の収入が変動するような職業の人は審査に通りにくくなりますが、反対に一定の給与水準を満たしていれば低い収入でも利用することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です